2018年9月19日(水)

タイヤ売らないブリヂストン、再生ビジネスで稼ぐ

(1/2ページ)
2015/6/6 6:30
保存
共有
印刷
その他

 「TPP」と言っても貿易の話ではない。ここで紹介するのは別のTPPだ。ブリヂストンが注力している事業「トータル・パッケージ・プラン」。タイヤを売るのではなく、貸し出す。さらにメンテナンスやゴムのはり替え(リトレッド)もする。一括サービスによってユーザーである物流会社との関係を強め、値引き競争と一線を画す狙いがある。

 大阪市住之江区。工場や倉庫などが立ち並ぶ地域の一角にブリヂストンのタイヤリサイクルセンターがある。センターには使用済みタイヤが次々と運ばれてくる。作業員は手慣れた様子でタイヤ表面のゴム(トレッド)を削り、その上に新しいゴムをはり替える。これがリトレッドだ。

顧客からは「予算管理がやりやすくなった」との声があがる(ワーレックスの三谷社長)

顧客からは「予算管理がやりやすくなった」との声があがる(ワーレックスの三谷社長)

 タイヤの基礎部分を再利用するので資源の使用量を約7割減らせる。同センターでは年に3万本超のタイヤをリトレッドしている。センター長の古谷徳美氏は「使用済みタイヤの傷み具合は千差万別。新品同然に再生できるかが腕の見せどころ」と胸を張る。

■新品を年単位で貸し、メンテナンス請け負う

 もちろん「環境に優しい」だけではビジネスにならない。そこで登場するのがTPPだ。最大の特徴はタイヤを売らないこと。新品のタイヤを提供するが、所有権はブリヂストンに残る。貸し出しという位置づけだ。

 契約は物流会社のニーズに応じて年単位で結ぶ。すり減ったときのリトレッドのほか、交換やトルクの締め付け、空気圧の管理など、運用・維持に必要な作業はブリヂストンが担う。

 TPPでは料金設定が重要になる。どのような荷物を運ぶのか。高速道路を走るのか、一般道がメーンなのか。1年の走行距離はどれだけか、雪道を走ることはあるか――。タイヤの使用条件を検証し、メンテナンスの頻度やリトレッドのタイミングなどを割り出し、料金を決める。

 これまで物流会社はタイヤをどう管理していたのか。「営業所ごとに予算を立てていた。交換の判断も所長の好みでバラツキがあった」。ワーレックス(栃木県小山市)の三谷昌司社長はTPP導入前の状況を語る。

 TPPでは、タイヤの状態について全車両ごとに調査し、物流会社に報告する。燃費を向上させるような運転の仕方なども助言する。「タイヤの管理を本社でできるようになった」(三谷社長)

 サービスが含まれるのでタイヤを購入するときよりブリヂストンに払うお金は増えるが、管理費用低減で補えると判断した。整備不良による事故を減らせる利点もある。

 ワーレックスのトラックは10トンを超える鉄鋼コイルを運ぶこともある。タイヤの摩耗は激しく、何度も新品に買い替えていた。TPPではリトレッドを使うので新品にする頻度は減る。「(契約期間全体で見れば)コスト面でも効果が出てくるだろう」(三谷社長)

  • 1
  • 2
  • 次へ

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報