/

この記事は会員限定です

日本の安保政策を知るキーワード

[有料会員限定]

集団的自衛権 自国が直接攻撃を受けていなくても、他国が攻撃を受けた場合に反撃する権利。国連憲章51条は、自国が攻撃を受けたときに反撃する個別的自衛権とともに、主権国家が持つ固有の権利として行使を認めている。安倍内閣は2014年7月の閣議決定で行使を容認。新たな安全保障関連法案に規定を盛り込んだ。政府はこの閣議決定の前まで「国際法上、権利を保有しているが、行使できない」と解釈し、行使を違憲とする理由...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン