マイゴルフ

フォローする

プロデビュー ツアーになじみ初V
谷原秀人(3)

2015/5/22 6:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
共有
その他

プロデビューした2002年は2度トップ10入りし、下部ツアーでも優勝。しかし賞金シードにはあと一歩で届かずじまい。自分としては不本意な結果だったが「自信だけは失わずにいこう」。翌年の出場権を競う最終予選会に悔しさをぶつけ1位で突破した。

プロ1年目は「自分の居場所をつくらないといけない」と必死だった。僕のことは誰も知らない。無視されようが構わず、先輩に笑顔であいさつして回った。コースには朝一番に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
テークバックは手ではなく腕全体で上げ、回す感覚

 2020年シーズンは早々に始動した。元日から練習場へ行き「初打ち」、4日には岐阜県内のコースでラウンドした。既にアジアツアーの香港オープン(35位)と日本ツアー開幕戦のSMBCシンガポールオープン( …続き (2/21)

ややつま先寄りに体重をかける

 昨年の全英オープン、ZOZO選手権でタイガー・ウッズが練習する姿を見た。アドレスはゆがんだところが一つもなく、力みも感じられない。構え方が一番きれいで、かっこいいなと見とれた。

 僕は球筋がフェード気 …続き (2/14)

親指以外の指でしっかり握るイメージ

 6歳でゴルフを始めたころは、非力だからベースボール(テンフィンガー)グリップでクラブを握っていた。右手小指と左手人さし指を絡めるインターロッキングにしたのは、中学に入る前。周りにも多かったし、憧れの …続き (2/7)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]