/

新社会人、自分に投資を

出口治明 ライフネット生命保険会長兼CEO

社会人になることは子どもから大人になることだと言い換えても間違いではない。自分の食べるごはんは自分で稼ぎ、自分のねぐらを確保して、ゆくゆくは次の世代を育て、社会に守られる側から社会を守る側に成長していく。社会人になることは、動物と同じでそういうことなのだ。

では、これから30年、40年と社会で働いていく上で次の時代を担う若い世代にはどのような視点を大切にしてほしいか。僕なりの考えを述べてみたい。

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、72年に日本生命保険入社。08年ライフネット生命保険開業。13年6月より現職。

1つ目は「最高の投資は自分自身に対するもの」であるということだ。新社会人のバランスシートで考えてみると、おそらくは若干の貯蓄があり、同時に奨学金の返済など若干の負債を抱えているというケースが多いのではないかと思う。一方で、新社会人には1億円以上の価値(生涯給与の現価)があると推察される。

そうであれば最大の資産である自らへの投資を怠らず、この1億円を2億円、3億円へと高めていくことが、最も収益率の高い投資になる。

自らへの投資とは語学の習得や資格の取得などに限られるものではない。多くの人に会い、多くの本を読み、旅をして、人生の森羅万象を学ぶのも自らへの投資だ。加えて若い皆さんは時間を味方にすることができる。時間をかけ多くを学ぶことは人生の選択肢をひろげることにもつながるはずである。

2つ目は「常に仕事の目的を考えて働く」ことが大切だ。社会人になると、最初は上司やまわりの先輩から必死に仕事をやれと言われることが多い。必死とはどういうことか。それはやみくもに仕事に取り組むのではなく、常に仕事の目的を考え、どうしたら目的地に最も早く、無駄なくたどり着けるかということを自問自答しながら取り組むことだ。

仕事の目的さえ明確になれば、大体の場合は採るべき道筋も自然と見えてくるはずだ。漠然と上司から言われた通りに仕事を進めるのではなく、仕事の目的を明確化し、常に自分のアタマで考えながら仕事を進めることが、結果的に自分を鍛えることにつながるのである。

3つ目は「自己管理」の重要性だ。社会人の「一丁目一番地」は自らの心身の健康管理だ。毎日元気に働くためには何よりも心身が健康でなければならないからだ。新社会人は、よく寝て、食べて、運動し、自らの体調を自分で完全にコントロールできるように努めるべきだ。

いくら優秀な人であっても、体調がよくなければその能力を十分に発揮することはできない。体調がよくなければ、判断力もおのずと鈍る。社会人にとって自己管理の重要性はいくら強調しても強調し過ぎることはないと考える。

最後に、リスクへの備えも大切だ。新社会人の多くは単身で生活している。そうすると、最大のリスクは何だろうか。一つは、自分が死んだ時だ。もう一つは難病や大事故などにより3年、5年と長期間の療養を余儀なくされて働けない時だ。僕は働けなくなった時の方がはるかにリスクが高いと考える。

直接の治療費だけではなく、毎月の家賃など生活費もすべて自己負担となるからだ。生命保険の原理原則からいえば、極論すれば、単身者には死亡保険はいらない。万一亡くなった場合には家族や知人は悲しむが、金銭面の迷惑はほとんどかからないからだ。一方、病気やケガで長期間働くことができなくなったときは、まず本人が金銭面で大いに困る。

そこで僕は若い人には「就業不能保険」をすすめている。何事がおきても自分の身は自分で守るという意識を持つことが、大人(社会人)になるということだ。

〔日経産業新聞2015年5月14日付〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン