/

この記事は会員限定です

米、TPP交渉遅れも

貿易権限法案、上院が審議見送り

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】米議会上院は12日、大統領に通商交渉の権限を与える貿易促進権限(TPA)法案の審議入りに必要な動議を採決した。しかし、賛成は52票(議席数100)にとどまり、必要な60票に足りず審議入りは見送られた。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加国はTPA法案成立が妥結に不可欠とみており、手続きの遅れはTPP交渉にも影響を与えそうだ。

TPA法案を推進する立場の野党・共和党上院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン