中国乳業大手、安価の粉ミルク輸入
安全性カギ

2015/5/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【大連=原島大介】中国の乳業大手が低価格の輸入粉ミルクを相次いで投入する。新希望集団と雅士利国際集団が5月中にも100元(約1900円)前後と他社の約3分の1に抑えた商品を発売する。2008年に粉ミルクによる健康被害が発生後、海外メーカー製が主流となり、価格は高止まりしている。低価格化は消費者への恩恵の半面、安全性を懸念する声が高まる可能性もある。

新希望は缶入りで99元(約1900円)の輸入粉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]