/

この記事は会員限定です

巨象IBM改革、再び踊るか クラウドなど重点

[有料会員限定]

IT(情報技術)の「巨象」、米IBMが正念場を迎えている。ソフトの機能をネット上のサービスとして提供するクラウドコンピューティングが台頭。不振だった大型汎用機(メーンフレーム)に代表されるハード部門も回復が緒に就いたばかり。1990年代にルイス・ガースナー氏が再建に乗り出して以降、最大の試練をどう乗り越えるか。

ロメッティ改革で大なた

4月20日に発表した2015年1~3月期決算はIBMにとって不名誉な内容となった。四半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2011文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン