2019年1月17日(木)

「働きすぎ」の日本人、無価値な仕事が多すぎる
インテカー社長 斉藤ウィリアム浩幸

(1/2ページ)
2015/4/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

先日、3カ国の報道機関からインタビューの依頼があり、「ノー」と言えない私は容易に了承してカレンダーに予定を書き込んでしまいました。後からよく考えると3日間のうちに日本、米国、日本と行き来しなければならない予定は厳しい。一歩間違えると関係各所に多大な迷惑をかけるところだったと反省しました。

世界中に浸透している日本人のイメージに「働きすぎ」があります。たとえば現在私は、政府の教育再生実行会議に参加していますが、現場の教師の話を聞いてみると、本当に働きすぎの実態が明らかになり驚きました。部活動の指導で土日の出勤は当然で、生徒の下校後も残業しなければ仕事が終わらない。

何がそんなに忙しいのかと聞くと「事務作業が多い」という回答がほとんどでした。教師の本分は「教える」ことです。しかし「教える」以外のことで消耗しては本末転倒です。結果的に「教える」ことのクオリティーが下がってしまうのであれば優先順位を見直して、働き方を改めないと教育の再生と改革は果たせません。

教育の現場の問題を紹介しましたが、日本人の共通点に「busy work」に縛られている現状があるようです。「busy work」とは価値のない見せかけだけの仕事という意味です。

効率を重視するなら外注すべき事務作業、自動化すべき関数処理を手作業で計算するエクセル、さして読まれない会議資料を束ねる雑務、許容を超えた膨大な作業を徹夜や休日出勤で補う根性論――。こうした「busy work」は最終的にどこかの誰かにしわ寄せがいきます。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報