2019年7月23日(火)

妻のツイートに1万人反応、夫のアプリが一躍有名に (徳力基彦)

(1/2ページ)
2015/4/10 6:30
保存
共有
印刷
その他

先月末、ツイッター上のある投稿がちょっとした話題になった。これが投稿された内容だ。

「昨日スケジュール管理アプリ(無料)をリリースした夫が、とても使い勝手よくて自信あるアプリだけど起業したての無名企業だからリリース送ってもどこも取り上げてくれないと部屋の片隅で突っ伏していたので、よろしければ見てみてください(・ω・)timetreeapp.com」 

奥さんのつぶやきが多くの人の目にとまり、リツイートは1万人を超えた

奥さんのつぶやきが多くの人の目にとまり、リツイートは1万人を超えた

このツィッターのアプリ「TimeTree」は、JUBILEE WORKS(東京・渋谷)という設立間もない企業が出した、複数人で使うスケジュール管理アプリ。アプリを発売したがどのメディアにも紹介されなかった。落ち込んでいる代表者の夫を、奥さんが少しでも応援してあげたいと投稿したようだ。

スマートフォン(スマホ)向けに新しいアプリを発売しプレスリリースを送ったが、記者に相手にされず一つも記事が掲載されなかった。こんな例は珍しくない。

今やスマホ向けアプリは世界中の企業が毎日のように新しいアプリを世に出してくる。大量に発信されるリリースの中から無名企業の情報が記者の目に留まり掲載されることはめったにない。

ただ、「TimeTree」の場合、奥さんによるツイッターの投稿が1万人以上に再投稿され、一夜にして世間の耳目を集めた。

読者は、この奥さんが元々大量のツイッターのフォロワーを抱えていたのだろうと思われたかもしれない。だが、彼女のフォロワー数は記事執筆時点で610人程度にすぎなかった。

フリーライター歴10年超で文章を書くのは得意だったかもしれない。ただ表現の巧みさより「夫を何とかしてあげたい」という奥さんの必死さが多くの人の心を揺さぶったのだろう。140字と文字数が限られた世界でも、言葉の力の可能性が底知れないことを感じさせる事例といえる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

負の側面も

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。