2019年8月25日(日)

八幡炎炎記 村田喜代子著 愚かしく淋しい人間たちの魅力

2015/4/6付
保存
共有
印刷
その他

ベテラン作家の著者にして、本書はいささか毛色の違う作品である。はっきり断られているわけではないが、製鉄所の町、北九州の八幡に育った著者自身を含む一族の物語のようだ。

(平凡社・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(平凡社・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

敗戦の少し前から、三姉妹が八幡に住むことになった。それぞれ亭主がいるので姓が違う。絵描きになる夢が捨てられない貴田菊二と所帯を持ったサト。下宿屋を営む江藤辰蔵と暮らすトミ江。そして広島でテーラーの親方の女房になったのに、弟子の瀬高克美と駆け落ちしてきたミツ江。この三夫婦は、それぞれに子供をよそから引き取ることになる。サトには、結婚してすぐに離婚してしまった娘がいるのだが、あとから妊娠が発覚した。再婚させるために仕方なくサトは自分の子供として役所に届けた。それが著者自身と思(おぼ)しい、一九四五年生まれのヒナ子である。

当然ヒナ子の目から描かれる場面が多いのだが、語りは自在に大人たちへも移っていく。その三家族の人物が、じつに生き生きと目に浮かぶ。とくに男たちのダメさ加減を語るときに、描写がいちだんと冴(さ)える気がする。下宿屋の辰蔵は金貸しも兼業しているが、踏み倒されてばかりで、仏像をカタに持ち帰ったり、遂(つい)には幼い娘を連れて帰る。これがタマエである。

とりわけ存在感を発揮するのは、女癖の悪い克美である。客の女房や愛人に手を出すのだからタチが悪い。採寸の際に指を触れただけで相手が落ちる。そんな克美も、原爆で死んだ親方への罪悪感に怯(おび)え、弟夫婦から引き取って養子にした緑には親バカぶりを発揮するのだ。

みんな少しずつ愚かしく淋(さび)しく、だが大いに人間臭くて魅力的だ。八幡の心臓部の溶鉱炉のエネルギーが、登場人物にも飛び散っているようだ。

そんな中で小学生になったヒナ子の日常は、キラキラした感受性に満ちている。山で拾った水晶や化石にわくわくし、物知りのお兄さんから地球の底にはドロドロに溶けた鉄があると聞いて驚く。学習机を買ってもらったタマエが妬ましくて、つい心無い言葉を投げてしまう。

大人と子供の心を対等のリアルさで描き分けながら、場面のつなぎでドラマが仕掛けられている。たとえば他人の女に手を出した報いに、凄惨な制裁を克美が受ける場面の直後に、ヒナ子の実母のお産の場面が続く。絶妙な手練(だ)れの語りである。

「第一部了」となっているからには、続編があるはずだ。ヒナ子の成長がどこまで描かれるのか、あの人この人はどうなるのかと、期待がうずく。

(文芸評論家 清水 良典)

[日本経済新聞朝刊2015年4月5日付]

八幡炎炎記

著者:村田 喜代子
出版:平凡社
価格:1,728円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。