2019年5月25日(土)

オムニでつかむ訪日客 「買いこぼし」ECが受け皿 (村山らむね)

(1/2ページ)
2015/3/27 7:00
保存
共有
印刷
その他

東京・銀座に増える中国人観光客。背格好や肌の色だけでなく、ファッションも明確な違いがなくなって違和感なく銀座に溶け込んでいるが、驚くのが百貨店などでの買い方だ。量が圧倒的に多い。円安が点火した"爆買い"ロケットは、特に昨年の免税対象の拡大と手続きの簡素化で本格軌道に乗ったようだ。

多慶屋は店舗で買い切れない訪日客を店頭配布チラシでオンラインショップに誘導する

多慶屋は店舗で買い切れない訪日客を店頭配布チラシでオンラインショップに誘導する

スーツケースを日本で買い足し、帰国する便では超過料金を払ってでも持ち帰ろうとする中国人旅行者も多いらしい。特に炊飯器、温水洗浄便座、魔法瓶、セラミック包丁は「四種の神器」だ。他の人気商品もかさばるものが多く、持ち切れないため購入を諦める旅行者も増えているという。

この状況を「何とかできないか」と、東京・御徒町に本店を置くディスカウントストア、多慶屋(東京・台東)がとった施策が面白い。同社は今まで国内向けでもウェブに力を入れていなかったが、年間43万人を超える外国人客の買いこぼしの受け皿として2月、外国人向けオンラインショップを開設したのだ。

ヤフーショッピングに店舗が無料で開設できることに着目。これに出店する企業向けに転送コム(東京・品川)が提供する代理購入サービス「Buyee(バイイー)」を活用し、買い物に関連する情報などを中国語に自動翻訳。カスタマー・サービスも転送コムに委託して、ハイスピードかつ低コストでEC(電子商取引)を導入した。

店頭ではオンラインショップへ誘導するQRコード付きチラシを配布。例えば、中国人観光客は帰国してもBuyeeのサービスで、中国語による説明付きで多慶屋の商品を注文できる。転送コムは配送サービスも得意としており世界84カ国・地域へ配送可能だ。

今年の春節(中国の旧正月)に間に合うように2月17日にサービスを始めた。店舗にある商品数約19万点のうちオンラインショップへの出品は約1万点で、外国人が好む商品に絞った。開設後1カ月余りだが、出足は堅調のようだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報