/

この記事は会員限定です

韓国系造船STX大連が破産へ 李克強氏が誘致

[有料会員限定]

【大連=森安健】中国最大級の外資系造船所だった韓国STXグループ傘下のSTX大連(遼寧省大連市長興島)が再建を断念し破産手続きに入った。従業員は一時、2万人に達し今も数千人いるが、全員解雇になる。李克強首相が遼寧省トップ時代に誘致し、東北振興の目玉事業と位置づけられたプロジェクトは進出から7年で頓挫した。

関係者によると遼寧省大連市中級人民法院(地裁)は3月10日、STX大連造船とエンジン、金属、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン