2019年5月23日(木)

スマホゲーム「隙間時間」奪う 手軽さ、時代にマッチ (徳力基彦)

(1/2ページ)
2015/3/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

スマートフォン(スマホ)向けパズルゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」。ガンホー・オンライン・エンターテイメントの大ヒットゲームだ。「パズドラ」の略称でテレビCMも頻繁に流れており、耳にした人も多いだろう。今年2月にリリースから3周年を迎え、国内ダウンロード数は3400万を突破した。

隙間時間を使う短期と育成する長期の利用を組み合わせたパズドラは進化を続けている

隙間時間を使う短期と育成する長期の利用を組み合わせたパズドラは進化を続けている

単なるダウンロード数より、どれだけの人が継続的にこのゲームで遊んでいるかがビジネス上は重要。その指標になるゲーム内の課金ランキングでもパズドラは長らくトップ争いを続けている。

かつて携帯電話向けゲームは毎年のように主役が入れ替わるのが常だった。2007年にはグリーの釣りゲーム「釣り★スタ」がヒットし、09年はディー・エヌ・エー(DeNA)の「怪盗ロワイヤル」や、ミクシィを中心に3カ月で300万人を集めた「サンシャイン牧場」などがヒット。ソーシャルゲームと呼ぶ新たなカテゴリーを確立した。

その後も11年にグリーの「探検ドリランド」が大々的なテレビCMのキャンペーンを展開して話題になるなど、様々なケータイゲームが注目を集めた。一時期は行きすぎた課金誘導が社会問題にもなるほどだった。

ただ、こうした人気ゲームが注目されるのはだいたい1年ほど。基本的にユーザーは次々に新しいゲームに乗り換えるため、その前提で多くのゲーム会社が新ゲームを次々に投入し続けてきた。

パズドラが3年もの間スマホゲームのトップに君臨し続けてきたのは特筆ものといえる。海外の調査によると、ガンホーの収益性の高さは世界のアプリメーカーの中でトップ3に入るという。

こうした快進撃を見ていて参考になるのは、パズドラがスマホ時代に最適化されたアプローチをとっている点だ。

長い人気の特徴の一つが、タイトルに「パズル」とあるように、細切れの隙間時間でも十分楽しめるサイズのゲーム性にある。日本では、特に都心で電車で移動する人が多く、電車待ちの時間や移動時間など細切れの時間がたくさんある。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報