春秋

2015/3/12付
保存
共有
印刷
その他

沖縄には「チュラカサ」という言葉があるそうだ。漢字だと「美瘡」、つまり疱瘡(ほうそう)(天然痘)をあえて美称で呼ぶのである。人を苦しめる天然痘と対決するのでなく上手に敬遠し、身をかわし、退散してもらう――。民俗学者の赤坂憲雄さんが「震災考」に書いている。

▼かつて岡本太郎が紹介したこの思想は、防災や減災にも通じるはずだと赤坂さんは言う。東日本大震災の巨大津波は、過去の教訓を生かした万里の長城のような堤防をも越えた。だからといってもっと高く長い防潮堤を、と抗(あらが)い続けるべきなのか……。そんな自問を重ねて、災害との向き合い方を考えてきた私たちである。

▼きのう午後2時46分、職場で学校で家庭で、みんなが心のなかで手を合わせたに違いない。あれから4年。1万5891人が亡くなり、いまも行方不明者は2584人にのぼる。暴威をかえりみつつ、しかし1秒後にはまた大地が揺れだしてもおかしくはないこの列島の宿命を思う。そして、ここで生きるすべを思うのだ。

▼チュラカサの思想は反文明ではなく、いかに抗っても抗いきれぬものをやり過ごす知恵なのだろう。必ずやってくる大地震や大津波の災禍をうまく避けること、そこからうまく逃げること。わずかな差で落命した多くの人たちが、その大切さを教えてくれていよう。5年目に入った震災後の社会は、なお学ばねばならない。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]