2019年1月23日(水)

官房副長官に旧大蔵官僚・的場氏(2006年) 「お友達内閣」調整に腐心

2015/3/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

戦後最年少で安倍晋三の首相就任が決まった自民党総裁選から2日後の2006年9月22日。安倍は父、晋太郎の代からのブレーンで旧知の元大蔵官僚、的場順三に電話し、単刀直入に切り出した。「事務の官房副長官をやってもらえませんか」

国土事務次官を最後に16年前に霞が関を離れていた72歳の的場は仰天し「一晩考えさせてほしい」。事務の副長官は官僚機構のトップという位置づけで、厚生、自治、警察など旧内務省系の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報