トップ > 特集 > 被災地の今 > 記事

復興・防災で「価値」高めよ 目黒公郎 東京大学教授
経済教室 東日本大震災から4年(下)

2015/3/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東日本大震災の前から、わが国は大きな地震が頻発する時期を迎えていた。今後30年から50年の間に繰り返し大きな地震が発生する可能性が高い。今回の教訓を踏まえ、津波災害からの復興と防災について考えたい。

まず「これまでの津波対策、とくにハード(施設)の対策は機能しなかった」との認識は正しいのか。

想定を超える津波がギネスブックにも載っていた岩手県釜石港の防波堤や「田老の万里の長城」と呼ばれた同県宮古…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]