民主国対委員長に渡部恒三氏(2006年) 「偽メール」の混乱収める

2015/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2006年3月2日。国会開会中にもかかわらず、野党第1党、民主党は混乱していた。偽メールを根拠に同党議員が国会で質問した問題で、国会対策委員長の野田佳彦が引責辞任したからだ。野党全体の国会運営のかじ取り役でもあるこのポストをだれが担うのか、各党が注目した。

火中の栗を自ら拾おうとする人は少ない。代表の前原誠司、幹事長の鳩山由紀夫が相談し打診した元代表、菅直人は「ありえない」と固辞。副代表の高木義…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]