/

春秋

おととい、京都市東山区にある高台寺の敷地内で火事があった。物置が焼けただけで貴重な文化財に被害がなかったのは、不幸中の幸いか。豊臣秀吉の正室だった高台院が秀吉の菩提を弔うために建立した、由緒ある寺院だ。東山を借景とした庭は広々として心地よい。

▼かつては今より広大な敷地を擁していたらしい。しゃれた石畳の路地が注目を集めている石塀小路も、以前は敷地の一部だったとか。ここが昨年末、中国のネット空間で話題になった。路地に面した和風の民家を令計画氏の家族が大金を投じて購入していた、と香港のメディアが報道し、転載や書き込み、続報が相次いだ。

▼令氏については1カ月ほど前にもこの欄で触れた。胡錦濤前国家主席の側近として権勢をふるったが、昨年暮れ、汚職などの疑いによる事実上の失脚が明らかになった。石塀小路の件が浮上したのは、その直後だ。実際に令氏の家族が関与したのかどうかは確認されていないけれど、中国マネーが動いた形跡はうかがえる。

▼きょうは旧暦の正月。中国では春節と呼ぶ。西暦の正月より大切な節目で、伝統的に帰省する人が膨れあがる。中国が豊かになった近年は海外旅行に出かける人が急増した。行き先として日本はなかなか人気のようで、観光や買い物を楽しむ姿をよく目にする。なかには不動産の下見が目的という人もいるのかもしれない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン