2018年8月16日(木)

「ペヤング」事件に学ぶ SNS対策、初動が肝心 (徳力基彦)

(1/2ページ)
2015/2/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

 昨年末から今年にかけて異物混入が様々な企業で話題になっている。ただ、食品の「異物混入」と呼ばれる出来事は、従来も一定の確率で発生し続けていたはず。それが今年に入って連日のようにニュースで取り上げられていることに違和感を感じる方は多いのではないだろうか。

まるか食品は異物混入への対応として最終的に生産を止めた(群馬県伊勢崎市の本社工場)

まるか食品は異物混入への対応として最終的に生産を止めた(群馬県伊勢崎市の本社工場)

 今回のコラムでは、異物混入騒動が世間の大きな注目を集めるきっかけを作った、まるか食品(群馬県伊勢崎市)のカップ焼きそば「ペヤング」の異物混入騒動を振り返ってみたい。

 ペヤングの異物混入騒動が大きな話題になったのには3つのポイントがある。まず混入していた異物がゴキブリであったことが大きな問題なのは間違いない。だが、国民生活センターの発表によると、ゴキブリやハエなどの虫の混入の相談は2014年だけで345件あったという。それらのほとんどが大きなニュースになっていないことを考えると、この話題がここまで大きくなったのは異物の内容だけではないと分かるはずだ。

 2番目の要素として大きく影響したのは、やはり「写真」のインパクトだろう。もし異物混入の報告者が文字だけで今回の異物混入を説明していたら、ここまでの話題にはならなかっただろう。現在はツイッターなどの交流サイト(SNS)が普及し、利用者の写真1枚がネットで大きく拡散する時代になった。

 実際、今回の騒動でも報告者がツイッターに投稿した写真が1日で1万回以上、リツイートにより拡散される結果となった。その後もその写真は様々なニュースサイトに転載され、多くの人の目に触れてしまった。

 最後の要素として、まるか食品側の初動が対立をあおってしまった点が挙げられる。今回の異物混入の話題に対し、まるか食品側は翌日に報告者を訪問し商品を回収したが、報告者に対して投稿の削除を依頼したため報告者の印象を悪くした。また一部メディアの取材に対して、製造過程で混入することは考えられないと強調していた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報