奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ペヤング」事件に学ぶ SNS対策、初動が肝心 (徳力基彦)

(1/2ページ)
2015/2/13 7:00
共有
保存
印刷
その他

 昨年末から今年にかけて異物混入が様々な企業で話題になっている。ただ、食品の「異物混入」と呼ばれる出来事は、従来も一定の確率で発生し続けていたはず。それが今年に入って連日のようにニュースで取り上げられていることに違和感を感じる方は多いのではないだろうか。

まるか食品は異物混入への対応として最終的に生産を止めた(群馬県伊勢崎市の本社工場)
画像の拡大

まるか食品は異物混入への対応として最終的に生産を止めた(群馬県伊勢崎市の本社工場)

 今回のコラムでは、異物混入騒動が世間の大きな注目を集めるきっかけを作った、まるか食品(群馬県伊勢崎市)のカップ焼きそば「ペヤング」の異物混入騒動を振り返ってみたい。

 ペヤングの異物混入騒動が大きな話題になったのには3つのポイントがある。まず混入していた異物がゴキブリであったことが大きな問題なのは間違いない。だが、国民生活センターの発表によると、ゴキブリやハエなどの虫の混入の相談は2014年だけで345件あったという。それらのほとんどが大きなニュースになっていないことを考えると、この話題がここまで大きくなったのは異物の内容だけではないと分かるはずだ。

 2番目の要素として大きく影響したのは、やはり「写真」のインパクトだろう。もし異物混入の報告者が文字だけで今回の異物混入を説明していたら、ここまでの話題にはならなかっただろう。現在はツイッターなどの交流サイト(SNS)が普及し、利用者の写真1枚がネットで大きく拡散する時代になった。

 実際、今回の騒動でも報告者がツイッターに投稿した写真が1日で1万回以上、リツイートにより拡散される結果となった。その後もその写真は様々なニュースサイトに転載され、多くの人の目に触れてしまった。

 最後の要素として、まるか食品側の初動が対立をあおってしまった点が挙げられる。今回の異物混入の話題に対し、まるか食品側は翌日に報告者を訪問し商品を回収したが、報告者に対して投稿の削除を依頼したため報告者の印象を悪くした。また一部メディアの取材に対して、製造過程で混入することは考えられないと強調していた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性活躍や働き方改革は日本企業の重要テーマ(広島市のイベント)

IT業界のワーキングマザー 肯定感の共有を

 女優の武井咲さんと歌手のTAKAHIROさんの結婚と、武井咲さんの妊娠が発表された。非常におめでたいニュースであるのに、CMに多数契約する武井さんの違約金が膨大な額になるといった臆測にもとづいた話が…続き (9/17)

訪日外国人向けメディア活況、月間150万人利用も

 一時は停滞を危惧されたインバウンド市場だが、訪日外国人数は順調に増加している。4~6月期の旅行消費額も1兆776億円と過去最高となった。中国人の爆買いはやや落ち着きつつあるが、逆にツアーから個人旅行…続き (9/10)

長野県のイベントで、キングコング西野さんが絵本について語った

絵本「えんとつ町のプペル」 成功生んだクラウド調達

 お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんがつくった絵本「えんとつ町のプペル」の勢いが止まらない。出版不況がさけばれるなか、プペルの発行部数は発売から1年を待たずに30万部を突破した。
 先日長野で開催さ…続き (9/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月23日(土)

  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由
  • ゲームの真髄は「身体性」―Niantic川島氏×スクウェア・エニックス三宅氏【対談】

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト