春秋

2015/2/12付
保存
共有
印刷
その他

運河が縦横に走る東京の下町、深川近くの一角に若者たちが押し寄せている。米国で人気のコーヒー店が先週、日本1号店を開店したためだ。初日に訪れると長い行列が玄関前を埋めており、入れずじまい。日をあらためて早起きし、1時間ほど並びようやく賞味した。

▼古い倉庫を改造した店内は工場を兼ねる。焙煎(ばいせん)したての豆を使い、1杯ずつ手で淹(い)れるのがこのチェーンの特徴だ。どんどん客をさばけない理由もそこにある。こういう「ゆっくり丁寧に」をうたったカフェが米国の西海岸で増えている。時間が貴重品であるはずのIT(情報技術)分野で働く人々が支持しているそうだ。

▼米国の人気店の日本初進出。それだけなら、よくある騒ぎと言えなくもない。しかし「創業した米国人は、店づくりのヒントを日本の喫茶店から学んだ」と聞くと、違う感慨がわいてくる。豆をきちんと選び、手間をかけて焙煎し、客の前で丁寧に供する。日本から消えつつある喫茶店文化が海の向こうで進化したわけだ。

▼日本の喫茶店にも、自分たちが培ったコーヒー文化を押し立て、世界に羽ばたく道があったのかもしれない。この店の海外進出を支えたのは、シリコンバレーでベンチャー企業を育ててきた投資家たちだという。流れに逆張りする起業家。自らの舌を信じ未来に賭ける投資家。カップの向こうに米国のたくましさを感じる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]