東北電、再生エネ供給で東電の送電網活用検討
「費用、国とも議論」

2014/12/27 13:45
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東北電力の海輪誠社長は24日、日本経済新聞の取材に応じ、福島県内で発電した再生可能エネルギーの受け入れ拡大を東京電力と検討していることを明らかにした。首都圏への送電に東電の送電網や変電所を活用する。東通原子力発電所(青森県)の再稼働に向けた原子力規制委員会の審査に関しては「議論が進展している」との認識を示した。

海輪社長は再生エネの受け入れ拡大の背景を「再生エネの適地が東北に多くて、首都圏に少な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]