/

この記事は会員限定です

耳を触る・言葉遅い・反応鈍い… 子供、中耳炎かも

気づかず放置、難聴の恐れ

[有料会員限定]
 風邪やインフルエンザが流行する季節は、子供の中耳炎も増える。耳の痛みや違和感を言葉にしにくい子供では治療が遅れることも多い。特に、痛みや発熱などを伴わないタイプは気づかず放置してしまうこともあり、難聴のリスクも出てくる。保護者は子供の状態に注意を払い、気になる点があれば早めに医療機関を受診するよう専門家は勧めている。

「耳をかいたり、耳の近くの髪を引っ張ったりするしぐさが増えたのがサインだった」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン