春秋

2014/12/11付
保存
共有
印刷
その他

アフリカ大陸の東南部、タンザニアにある「セルース猟獣保護区」は、いろんな哺乳類が暮らしていることで知られる。名前からうかがえるように、狩猟用の動物を保護するため設けられたのが始まりだ。今では狩猟は禁止。1982年に世界自然遺産に登録された。

▼面積はおよそ5万平方キロ。九州よりも広い動物たちの楽園だ。ところが、ここで暮らす哺乳類の中でも最も大きいゾウの数が、この5年で半分に減ったという。ロンドンに…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]