/

この記事は会員限定です

「ボパールの悲劇」から30年 大事故の後遺症、今もなお

[有料会員限定]

1984年12月2日から3日の未明、インド中部ボパールにあった米化学企業ユニオン・カーバイドの子会社の殺虫剤製造工場から猛毒のイソシアン酸メチルが大量に流出した。事故直後に約3000人が死亡。現在までに死者は2万人を超え、約60万人が後遺症に苦しむ。チェルノブイリ原発事故と並ぶ「世界史上最悪規模の産業事故」とされるゆえんだ。

その事故に関わる人物の訃報が10月末にインドの新聞に掲載された。米国人男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン