日本食、東南アで攻勢 「牛角」や「天丼てんや」
中間層に狙い

2014/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外食大手のコロワイドは年内に、インドネシアの現地企業と合弁会社を設立し、焼肉店「牛角」の展開を始める。しゃぶしゃぶ店「温野菜」と合わせ5年で50店を設ける計画だ。フィリピンではロイヤルホールディングスが天丼店、元気寿司も回転すし店を開く。日本食への関心が高いアジアで中間層を開拓する。

コロワイドは51%を出資し、現地財閥マスピオングループのマリンド・ボガと合弁会社を立ち上げる。1号店はジャカルタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]