/

この記事は会員限定です

高齢者に多い肺炎 定期予防接種、原則65歳以上に助成

[有料会員限定]
 急に寒くなり、風邪を引く人も目立ち始めた。こじらせて肺炎になる場合もあるので甘くみるのは禁物だ。肺炎は日本人の死因の第3位で、亡くなる人の大半が65歳以上だ。高齢者には糖尿病や肺の慢性病を持つ人も多く、専門家は予防が大切だと指摘する。10月から肺炎の原因となる肺炎球菌の高齢者向けワクチンの定期接種も始まった。2回に分けて高齢者の肺炎予防策を紹介する。

肺炎の主な症状は、せきとたんと熱だ。風邪やイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン