2019年7月24日(水)

戸籍、出生時まで調査 意外な「相続人」発覚も
ミニ知識(1)

2014/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

離婚歴1回を俗に「バツイチ」と呼ぶのは、かつての戸籍で、相手の名前の欄に「×」印がつけられたことに由来するという。相続ではそのバツ印を巡って遺族間に思わぬもめ事が生じることがある。どういうことか。

相続が起きて遺言書が残っていないと、すべての法定相続人が参加して遺産の分け方を協議する必要がある。法定相続人にあたる人がどれだけいるのか確定するには、亡くなった人の戸籍を出生時まで調べるほかない。

そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。