いまこそ政府と沖縄は話し合うときだ

2014/11/17付
保存
共有
印刷
その他

沖縄県の米軍普天間基地の県内移設を容認した仲井真弘多知事が知事選で敗れた。移設作業が円滑に進まなくなるおそれがある。新知事との話し合いの糸口を探りつつ、日米同盟への影響をいかに小さくするか。安倍晋三首相はこの難題に取り組まねばならない。

今回の知事選では、沖縄が返還された1972年から続いてきた基地容認の保守と基地反対の革新がぶつかる構図が初めて崩れた。

初当選した翁長雄志前那覇市長は自民党の沖…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]