「在庫確認サービス」利用33% 来店を促す
第3回ネットライフ1万人調査

2014/10/22 2:30
情報元
日経MJ
保存
共有
その他

日経MJの第3回ネットライフ1万人調査では、店頭で買い物をする際に使う補助的なサービスの利用状況についても実態を聞いた。「欲しい商品の在庫を事前に確認できるサービス」との回答が33.4%、「同型商品の全ての色・柄を確認できるサービス」が23.3%だった。

来店ポイントや取り寄せ、仮想試着など、小売り各社は様々な販促経路を組み合わせる「オムニチャネル」戦略にこぞって取り組んでいる。ネットで購入した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]