日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

時代は名大だがね ノーベル賞6人輩出
閥なく自由闊達

(1/2ページ)
2014/10/17付
共有
保存
印刷
その他

 今年のノーベル物理学賞で赤崎勇名誉教授と天野浩教授の受賞が決まり、名古屋大学に在籍した研究者からのノーベル賞受賞者は計6人となった。旧7帝大の中で最後に誕生しながら、自然科学系のノーベル賞では京都大学、東京大学に次ぐ実力を見せつける。全国的な知名度は今ひとつだったが、地元では「時代は名大だがね」と活気づく。なぜ今、名大なのか。

■自然科学系受賞者 今世紀に限れば半分以上

お祝いの垂れ幕がかかる名大の赤崎記念研究館
画像の拡大

お祝いの垂れ幕がかかる名大の赤崎記念研究館

 名古屋市の名大東山キャンパスに建つ赤崎記念研究館にはスウェーデン王立科学アカデミーの発表を受けて赤崎、天野両博士のノーベル賞受賞を祝う垂れ幕がかかる。1階は青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎名誉教授の歩みを紹介するミニギャラリーだ。

 再現された当時の実験装置やビデオを見ていた会社員は「世界的な成果がここで生まれたのかと思うと、仕事の励みになる」と感慨深げな様子だった。

 同キャンパスには2008年の物理学賞を授賞した小林誠、益川敏英両特別教授と、同年の化学賞を受賞した下村脩特別教授を記念した展示室もある。01年の化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長の名を冠した野依記念物質科学研究館と合わせ、ゆかりの施設が3つも集中する。

 自然科学分野のノーベル賞を受賞した日本人は米国籍の南部陽一郎、中村修二両博士を除き今年で17人に。今世紀に入ってからの受賞者に限れば、11人中6人が名大を卒業したか在籍した研究者で、半分以上を占める。

■若い教授陣と学生が同じ目線で研究

画像の拡大

 中部地区を代表する総合大学だが、首都圏や近畿圏で知名度は高くない。東海4県が出身者の8割近くを占めるからだ。東京で「めいだい」といえば明治大学を指すほど。名大の研究から輝かしい業績がなぜ立て続けに出てくるのか、不思議に感じる人は多い。

 益川特別教授は「若い教授陣と学生が同じ目線で一緒に研究する自由闊達さにあふれていた」と振り返る。指導教官は、湯川秀樹博士の弟子で京大出身の坂田昌一教授。流行に惑わされず本質を突き詰めようとする意気が高く、やがて世界が認める理論を先んじて打ち出し、名大の伝統になっていったとみる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

名古屋大学ノーベル賞

赤崎さん、天野さんはどんな人?

中村修二の青色LED開発物語

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「最強の魔法瓶」大気圏突入 タイガーがJAXAと開発 [有料会員限定]

 宇宙ビジネスに挑む企業は重厚長大型からベンチャーへ広がっているが、目を凝らすと老舗企業の姿も見えてくる。市場で磨かれ、生き抜いた技術が、思わぬ形で宇宙へ飛び出していく。
 タイガー魔法瓶(大阪府門真市…続き (10/22)

5G向けの基地局設備で富士通の切り札となる「分散アンテナユニット」

携帯大手の5Gインフラ投資、5兆円の奪い合い [有料会員限定]

 2020年に国内で商用サービスが始まる次世代通信規格「5G」を巡り、国内外の通信機器大手が激しい受注競争を繰り広げている。NTTドコモなど携帯大手3社の総投資額は5兆円規模とされる。中国の華為技術(…続き (10/21)

変電所の障害で停電

サイバー攻撃が新次元に ウクライナ危機の全貌 [有料会員限定]

 世界の情報セキュリティー関係者がウクライナで頻発する大規模なサイバー攻撃を固唾をのんで見守っている。政府機関や電力網なども大きな被害を受け、社会が混乱する事態に陥ったからだ。軍事的に対立するロシアが…続き (10/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月23日(月)

  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?
  • プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月23日付

2017年10月23日付

・ウェザーマップ、PM2.5や紅葉も観測、ひまわり8号画像を4倍に解析
・ソースネクスト、語学ビジネスを拡大 小型の通訳機器発売
・名大、未成長iPS簡単排除 高濃度アミノ酸培地で
・店長の快眠お助け ニューロスペースが吉野家と実験
・リケン、高周波ノイズをシートで抑制 車載電子機器向け…続き

[PR]

関連媒体サイト