/

この記事は会員限定です

第三の支柱 ラグラム・ラジャン著

コミュニティー衰退へ警鐘

[有料会員限定]

本書のタイトル「第三の支柱」は、コミュニティー、すなわちメンバーが特定の地域に住み、統治や文化・歴史遺産を共有する社会集団を指している。著者は、市場、国家とコミュニティーが社会を支える三本の柱であると考え、近代以降、市場と国家がコミュニティーの役割を侵食してきたことに着目する。特に21世紀に入ってからICT革命と経済のグローバル化がこの動きを加速し、その結果、三本の柱の間のバランスが崩れて、社会が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン