/

この記事は会員限定です

山本耀司(21)兄弟

日独 敗戦後の廃虚で育つ ヴィム・ヴェンダースと固い絆

[有料会員限定]

兄弟みたいだなと思った。

「さすらい」「パリ、テキサス」「ベルリン・天使の詩」などの名作で知られるドイツ出身の映画監督ヴィム・ヴェンダースと初めて会ったときの印象である。場所はパリのポンピドゥー・センター。

実は同センターの学芸員から展覧会を開かないかというオファーを受けていた。1980年代半ばすぎのことだ。

(ほら、来たぞ……)

冗談ではない。81年にパリでデビューしたばかりなのだ。やりたいこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

山本耀司

黒・穴あき・左右非対称をモチーフにした前衛的な服作りで、ファッションデザイナーの山本耀司さんは世界のモード界に衝撃を与えました。父が戦死し、東京・歌舞伎町に洋装店を開いた母に育てられたことで、自立したキャリア女性のための服作りに目覚めます。映画界の巨匠、北野武さんやヴィム・ヴェンダースさんとの交遊秘話もまじえながら、起伏に富んだ半生を紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません