/

この記事は会員限定です

日本の創薬力、どう高める

大村智氏/デービッド・リックス氏/菱山豊氏/手代木功氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症に対し、世界で急ピッチでワクチンや治療薬が開発され、一部は短期間で実用化した。米欧や中国などが先行し日本は出遅れ感が否めない。感染症研究が下火だったという特殊事情との見方もあるが、日本の創薬力全般に危機感を持つ関係者も多い。挽回はできるのか。

◇  ◇  ◇

先を見据え独自性大切に 北里大学特別栄誉教授 大村智氏

日本に創薬力がないわけではないが、抗生物質を含む感染症薬の研究開発には熱意が感じられない。生活習慣病薬のように何年も使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン