/

この記事は会員限定です

山本耀司(9)文化服装学院

「モラトリアムが欲しい」 母は落胆の末、洋裁修業を指示

[有料会員限定]

放浪の旅から帰国すると、周囲の学生は就職先が決まっていた。だが私は就職するつもりもなく、もっとモラトリアム(返済猶予)が欲しかった。できるだけ学生を続けたかったのだ。そこで思い切って母親に打ち明けてみた。

「母さんの洋装店を手伝おうかと思っているんだ……」

その瞬間、母の顔に驚きと落胆の色が浮かんだ。そして硬い表情で貝のように黙ったまま何も話さなくなった。私の顔すら見ようとしない。

夫が戦死した母...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

山本耀司

黒・穴あき・左右非対称をモチーフにした前衛的な服作りで、ファッションデザイナーの山本耀司さんは世界のモード界に衝撃を与えました。父が戦死し、東京・歌舞伎町に洋装店を開いた母に育てられたことで、自立したキャリア女性のための服作りに目覚めます。映画界の巨匠、北野武さんやヴィム・ヴェンダースさんとの交遊秘話もまじえながら、起伏に富んだ半生を紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン