/

この記事は会員限定です

ガリガリ君攻め休まず 赤城乳業社長、異端の夏

[有料会員限定]

年間販売数が4億7500万本と日本で最も売れている氷菓「ガリガリ君」。製造元の赤城乳業(埼玉県深谷市)は今夏、販促の閑散期となる8~9月にイベントや新商品を投入するなどして攻勢をかける。年間販売数5億本を目指し、井上秀樹社長(70)が挑む「終わらない夏」を追った。

◆井上社長「セカンドサマーで一勝負。手を緩めず冬まで一気に行く」

ガリガリ君は赤城乳業の売り上げの4割超に上る稼ぎ頭だ。同社は夏の販促を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン