/

この記事は会員限定です

経済学に地理的多様性を ダニ・ロドリック氏

米ハーバード大教授

[有料会員限定]

ノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ氏はケニアに滞在した時、現地の経済運営に強い印象を受けたという。例えば、地主と小作人が収穫物を半分ずつ分け合うような「分益小作制」は根強かったようだ。スティグリッツ氏は、(地主は小作人がどれくらいの労力で耕作しているのかわからないといった)当事者間の情報の隔たりである「情報の非対称性」を使って分析した。「ケニアでの経験は、情報の経済学に関する私の理論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン