/

この記事は会員限定です

現場発、デジタル庁に注文

佐々木大輔氏/隅屋輝佳氏/石井大地氏

[有料会員限定]

デジタル政策の司令塔となるデジタル庁が9月1日に始動する。新型コロナウイルス禍では、給付金の支給に時間がかかるなど日本の「デジタル後進国」ぶりがあらわになった。デジタル庁の責務は重大だ。デジタルの最前線で働く起業家らに同庁への注文を聞いた。

◇  ◇  ◇

「国民全員」より優先順位 フリーCEO 佐々木大輔氏

行政デジタル化の歩みが全般的に遅い背景には、人材の流動性が低いことがある。行政手続きのデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン