/

この記事は会員限定です

モードの100年史(1) ポール・ポワレ「庭を行進するポワレのモデルたち」

服飾研究家 深井晃子

[有料会員限定]

モードファッションは時代や社会、人を映してきた。100年の歩みをたどる。

ファッションは時代の風を先触れする。女性解放の時代20世紀は、1906年にパリ・モードを先導するデザイナー、ポール・ポワレが女性服からコルセット追放を宣言し、幕を開けた。

胴部を保護し、おっぱいを支える西欧の女性下着として中世以来使われたコルセット。理想的な女性は家の飾り物、男性の従属物だとされた19世紀に、ウエストを極端...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン