/

この記事は会員限定です

日本の体罰 アーロン・L・ミラー著

従順な身体を生産した暴力

[有料会員限定]

根性を叩(たた)き込むためと称して暴力が振るわれる。その暴力は生徒や後輩への愛情だと錯覚され、度を越した「しごき」は「愛の鞭(むち)」として正当化される。「コーポラル・パニッシュメント(身体の懲罰)」が明治初期に「体罰」と翻訳されて以来、この語が意味するものは西洋社会とは異なった独自の変節を遂げてきた。体罰はその行為の中身や程度、意味、定義が多義的であり、時代や文脈に応じて禁止と黙認が繰り返され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン