/

この記事は会員限定です

世界195カ国で収集 人形が映す各地の暮らし

自宅で展示、各国での経験や世相伝える 高康治

[有料会員限定]

千葉県我孫子市の自宅マンションには世界各地の人形が所狭しと並ぶ。布や木など素材は様々で民族衣装を身にまとうものも多く、作られた土地の文化や風習が伝わってくる。私は50年以上かけて195カ国を巡り、2000体以上の人形を収集してきた。2009年からは「世界の人形館」として無料開放し、海外旅行の雰囲気を味わってもらっている。

収集を振り返ると、貧しい子供から買った人形や紛争の中で苦労して入手した人形も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン