/

この記事は会員限定です

左利きの駆け込み寺 暮らし支える文具店の四半世紀

トランプや調理器具、新製品開発も 浦上裕生

[有料会員限定]

「左利きの駆け込み寺」。私が代表を務める相模原市の文具店「菊屋」はそんなふうに呼ばれる。扱っている左利き用品はハサミにカッター、お玉にマウス、トランプなど計100種類くらいに上る。来月8月13日は、国際的な「左利きの日」。生活用品の多くが右利き用に作られている「右利き中心の社会」であることを、まずは多くの人に気づいてほしい。

最近はコロナ禍のため多くはないが、店には山梨や群馬といった県外、さらには...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン