/

この記事は会員限定です

対中・対ロ、使い分ける米政権 イアン・ブレマー氏

米ユーラシア・グループ社長

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

トランプ前米大統領は中国に極端に厳しく、ロシアには怪しいほど甘かったというのが米国での一般的な見方だ。評論家は、同氏が仕掛けた米中関税合戦は自滅的なほど攻撃的だったと批判し、ロシアに対してはプーチン大統領の言いなりだったと指摘した。そして、バイデン氏が次期大統領に選ばれると、トランプ氏のアプローチを大きく転換するだろうと予測した。対中姿勢が軟化する一方、犯罪集団による米企業へのサイバー攻撃を許した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン