/

この記事は会員限定です

ブリーディング・エッジ トマス・ピンチョン著

「テロと戦う物語」を超えて

[有料会員限定]

つい最近、ロシアのハッカー集団が米国の大手燃料パイプライン会社の機密データを盗み取り、身代金を請求する事件があった。これは匿名ウェブサイト「ウィキリークス」の存在と同様、「サイバー戦争」の時代を象徴する事件だと言えるだろう。

米国政府は「セキュリティ(国家安全保障)」という大義名分を掲げて、「悪(テロ)との戦い」という単純な物語を作りだそうとするが、この小説はそうした単純な物語から読者を解放するよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン