/

この記事は会員限定です

グローバル化の終わりと始まり ジャン・ピサニフェリー氏

ブリューゲル・シニアフェロー

[有料会員限定]

過去数十年の間、グローバル化はほとんどの人にとって製品やサービス、資本といった分野の全面的な自由化を意味した。市場主義に基づく経済ルールが世界中で適用された。米経済学者ブランコ・ミラノビッチ氏の著書のタイトルが指摘しているように、「資本主義だけ残った」。

グローバル化には、市場主義と直接関係のない側面もある。科学と情報のグローバル化は、知識へのアクセスを拡大した。国際的な市民運動が活発になり、気候...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン