/

この記事は会員限定です

インド伝統打楽器 タブラの多彩な音色に恋

即興で複雑なリズム 現地修業重ね自分なりの演奏を ユザーン

[有料会員限定]

多彩な音色で複雑なリズムを刻むインドの伝統的な打楽器、タブラに出合って25年以上になる。私はタブラ奏者として北インド古典音楽を中心に演奏するほか、ヒップホップやポップス、ジャズなど様々なジャンルの方々とも共演してきた。今もほぼ毎年インドを訪れ、師匠たちの下で腕を磨いている。

タブラを知ったのは大学1年生のころだ。地元の百貨店が催していた民芸品展を訪れたとき、見慣れない楽器が目に留まった。丸っこい形...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン