/

この記事は会員限定です

企業統治改革の要所

川橋信夫氏/大場昭義氏/田代桂子氏

[有料会員限定]

企業統治(コーポレートガバナンス)が変化のただ中にある。物言う株主など投資家が経営に関与を強め、東芝では取締役会議長の再任案が否決された。新たな指針は社外取締役の増員や女性の登用を求める。企業はどう臨み、成長につなげるべきか。経営と投資のリーダーらに聞いた。

◇  ◇  ◇

物言う株主、選んで聞く JSR社長 川橋信夫氏

JSRは物言う株主(アクティビスト)の米バリューアクト・キャピタルから社外取締役としてロバート・ヘイル氏を迎えた。株主の一人として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン