/

この記事は会員限定です

本心 平野啓一郎著

仮想の他者は真意を語るか

[有料会員限定]

AI(人工知能)が作り上げる先端技術のひとつ、VR(ヴァーチャル・リアリティー)という言葉が広まって久しい。たとえばゴーグルを装着すると実物そっくりの3次元空間が目の前に出現する。すでにVRゲームは若者に普及しているが、2040年代初頭を舞台とした本書に登場するのは、VF(ヴァーチャル・フィギュア)、つまりゴーグルの視界に人物を出現させる技術である。

29歳の青年が母親を不運な事故で突然亡くす。母...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン