/

この記事は会員限定です

24フレームの映画学 北村匡平著

人間の知覚を超えた分析術

[有料会員限定]

いくら熱心に観(み)たとしても、長い一本の映画の画面や音声をすべて覚えることはできない。だからビデオの普及以前は、細部が不正確な記述でも見逃されたし、その一方で、動く映像の記憶に秀でた人は尊敬された。解釈はできても完全には知覚できない、それがかつての映画研究の前提であった。

だが現代の映画研究は急速に精緻さを増している。それは個人が所有できるビデオの恩恵だけではない。静止画キャプチャーの普及、そし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン