/

この記事は会員限定です

木瀬照雄(27)社名変更

生活価値の創造企業へ 東京に執務拠点、世界めざす

[有料会員限定]

「ブランド価値を高めてグローバル企業になる」

社長に就任した2003年(平成15年)ごろは、4年後に控えた創立90周年の会社の将来の姿をこう描こうとしていた。会社の寿命は30年とよくいわれる。私が生まれた1947年が30周年で、その頃に水栓金具の自社生産を開始。その後、社名を東洋陶器から東陶機器に変更、60周年前後にウォシュレットやシステムキッチンが世に出て成長の礎を築いた。さて90周年をどう迎え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

木瀬照雄

温水洗浄便座「ウォシュレット」で有名なTOTOはトイレ、ユニットバス、システムキッチンなどを製造するグローバル企業です。木瀬照雄さんは小倉(北九州市)に本社を置くTOTOを世界的企業にした立役者の一人です。販売の最前線で活躍し、住宅のリフォームを通して新しい生活を提案する「リモデル」という戦略を打ち出しました。人に優しい生活環境を追い求めた木瀬さんの半生を振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン