/

この記事は会員限定です

明治初期に途絶えた玉水焼 草創期三代の作を特定

元禄年間に開窯した楽焼窯、その多様な造形美 樂直入

[有料会員限定]

今時「隠居」という言葉がまだ生きている。なかなかよい制度かもしれぬ。残余の時間、為(な)すべき事を須(すべから)く為す。その一、玉水焼論考を完成させる。

玉水焼は樂(らく)家以外の楽焼窯の一つ。唯一樂家の血脈を受ける窯でもある。創始者・一元(いちげん)(1662?~1722年)は樂家四代・一入の庶子。元禄年間、母の実家、伊縫(いぬい)家のある山城国玉水(現京都府井手町)で開窯。長男・一空(いっくう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン